FC2ブログ

博麗神社秋季例大祭の告知! メインは秘封倶楽部の短編小説総集編

お久しぶりです。
「虹色くりえいた~ず」の博麗神社秋季例大祭に関する告知です

開催日時:2014年11月24日(月)東京ビッグサイト
場所:て5a
カットは秘封倶楽部での参加となります。
なお本記事の情報は随時更新します。

最終更新11.23(日)の21時現在。

小説班
・カーライル
☆新刊
『秘封旅路録Ⅰ(仮)』 
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
価格:300円
装丁:A5コピー誌.ページ数96p
備考:2011年に私が発行した秘封倶楽部短編小説の総編集本になります。ですが、印刷所への入稿が上手くいかなかったので、心苦しいのですが、コピー誌での仮発行になります。印刷所製本の正式版の発行は、来年が忙しくなりそうなので、発行できるかも不明です。

以下収録作品
秘封風神録2011年5月8日博麗神社例大祭8発行
蓮子が表裏ルートで手に入れた写真を手がかりに、長野県の諏訪にある諏訪大社を訪れた二人。
しかし、蓮子とメリーは、諏訪大社の入り口にある鳥居に現れた結界の裂け目によって、離れ離れになってしまう・・・。


遠野秘封物語2011年8月13日コミックマーケット80(C80)発行
蓮子が手に入れてきた数冊の古びた大学ノート。そこには、岩手県の遠野地方に存在するあらゆる伝承のレポートが書かれていた。
その中のマヨイガという伝承のレポートに添付されてた写真に結界の裂け目を見出し、二人は遠野地方へマヨイガを見つける冒険に出た。
そこで、黒猫の少女に出会い、二人はマヨイガへと迷い込んでゆく・・・


妖の夢の蓮台野2011年12月30日コミックマーケット81(C81)発行
ある日、メリーは夢を見る。夢では、巨大な満開の妖怪桜である西行妖の下で少女たちが、光の弾幕の中戦っていた。
次の日、メリーは夢から持ち帰ったという西行妖の花びらを蓮子に見せるが、偶然にも蓮子がメリーに話そうとしていた表裏ルートの情報も、京都の蓮台野にある冥界の入り口とその奥にある西行妖の物だった。
二人は、後日の丑の刻に蓮台野を訪れ、冥界の門をくぐり、西行妖を探しに行く・・・



□既刊
・カーライル
『白狼自警談 -怨霊編-』
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
価格:200円
装丁:A5コピー誌、ページ数32p
備考:守矢神社の信仰と祝福、技術革新政策で、妖怪の山は新たな繁栄を得ようとしていた。しかし、その裏側で間欠泉に乗ってやってくる厄介な怨霊とそれを退治する白狼天狗の天狗自警隊の活躍があった。怨霊退治に活躍する椛を中心とする白狼天狗の日常と、守矢神社が降臨した後の妖怪の山の社会問題を描く短編小説。


『近代天狗自衛隊 改』
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
発行日:2013.5 例大祭10
装丁:A5コピー誌、ページ数46p
価格:200円
内容:見本 怨霊討伐編  天狗河童合同水軍の短編
備考:C83冬コミで発刊した本『近代天狗自衛隊』の増量版が本作。
私がツイッターであーだこーだ話題にしていた天狗自警隊が近代兵器を装備する話。
冬コミで発刊した怨霊討伐編の微修正版に、天狗河童合同水軍の短編エピソードを追加した本です。



秘封倶楽部の総集編が印刷所へ入稿できず、悔しいですが、今回はコピー誌でのお付き合いにご容赦ください。


執筆者:カーライル
スポンサーサイト



プロフィール

虹色くりえいた~ず

Author:虹色くりえいた~ず
虹色くりえいた~ずMEMBER
*ILLUST SIDE
・hide448

・風神うちわ

・HANABi(旧名:お茶)

*NOVEL SIDE
・カーライル

・yoshi(旧名:ゼロシフ)

・へろりん


サークルやサークルメンバー個人へのご連絡・ご感想はこちらへ
niziirocreatorsアットマークgmail.com
アットマークを@と入れ替えてください

Twitter
FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事