FC2ブログ

第十四回博麗神社例大祭【告知】

お待たせしました!!
「虹色くりえいた~ず」の第十四回博麗神社例大祭に関する告知です!

場所:せ-40a
カットは犬走椛です。
なお本記事の情報は随時更新します。
最終更新5.7(日)の6時現在

hide448の配布物
☆新刊
『風を探してⅧ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
備考:今までのシリーズ通り、犬走椛の絵多めで、いろいろな東方キャラのファンタジーなフルカラーイラスト本です!

既刊として、風を探してシリーズのⅤ、Ⅵ、Ⅶも持っていきます!
最新情報と詳細はツイッターを参照ください

https://twitter.com/hide_448/status/859403876037820416


カーライルの配布物
□新刊はありません>
□既刊
『天狗地霊泉』
作者:カーライル(本文・写真)、hide448(表紙編集)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
発行:2016年秋季例大祭 (2016年10月16日)
あらすじ:
風神異変から約1年。それまで排他的だった妖怪の山も守矢神社と新しい神様の出現よる混乱も収まり、守矢神社と天狗と河童を中心とした妖怪の山社会が馴染み始めた時、突如として幻想郷中に間欠泉が噴出す。妖怪の山は、他と比べても間欠泉の数が多く、異変の前触れと警戒が強まった。
それと時を同じくして、妖怪にとって天敵の怨霊の数が増え、妖怪の山の緊張は高まる一方であった・・・
原作『東方地霊殿』で語られなかった天狗たちの地霊異変がここに始まる。


『白狼アマノジャク』
作者:カーライル(本文・表紙・写真)
発行:コミックマーケットC89 (2015年12月29日)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
原作の「弾幕アマノジャク」の六日目にて、妖怪の山に逃げてきた鬼神正邪と、山への侵入を阻止し正邪を捕らえようとする犬走椛とのバトルストーリー。


秘封短編小説「秘封兎鳥船」
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
発行:例大祭12 (2015年5月10日)
装丁:A5コピー誌/32P
価格:200円
あらすじ:
 マエリベリー・ハーンは、地球環境改善の為の生物実験が行われていたが制御不能になり放棄された「トリフネ」に夢を通じて、冒険に出かけていた。そこには、本来の実験内容からは程遠い、人工環境の暴走から生み出された生い茂るジャングルがあり、見た事のない生物がいる未知の生態系が形成されていた。
 一方、人類からは隠れて存在している月の民達も、「トリフネ」を観測していた。彼らは、地球上のあらゆるものは穢れていると考えており、生物実験の行われていた「トリフネ」などは穢れの塊であった。観測結果から「トリフネ」の穢れは看過できない物のレベルになっており、月に近いラグランジュポイントに留まっている「トリフネ」への対応を迫られていた。
 メリーが、蓮子を誘って「トリフネ」へ冒険に出かけようとしていた同じ時、月から月の民の軍隊からなる調査隊が「トリフネ」へと到着しようとしていた。



『平安妖々夢』 見本
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
発刊日:2013.8 C84夏コミ
装丁:A5コピー誌、本文70p
価格:300円
備考:平安時代を生きる生前の幽々子と妖夢の話。妖忌や八雲紫も出てきます。二部構成です。
第一部は生前の妖夢(幼夢)が、妖夢のテーマである「広有射怪鳥事 ~ Till When?」の怪鳥である以津真天を討伐する話。
第二部は、歌聖であった幽々子の父の死から始まる西行妖の出現と、その運命に翻弄される幽々子と妖夢の話。
スポンサーサイト



C91 一日目(木)東方 告知 メインキャラは犬走椛

お待たせしました!!
「虹色くりえいた~ず」のコミックマーケット90に関する告知です!

場所:一日目リ-24b
ジャンルは12月29日木曜日の東方projectで、カットは犬走椛です。
東方の犬走椛島での参加となります。

なお本記事の情報は随時更新します。
最終更新12.26(月)の6時現在

以下お品書き
絵師班
☆新刊
『風を探してⅦ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
備考:hide448の人気イラスト本シリーズ「風を探して。」の第七作目。
今回も、犬走椛の絵多めで、いろいろな東方キャラのファンタジーなフルカラーイラスト本です!いつもより背景多めです!


□既刊
『風を探してⅥ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2016年8月13日、コミックマーケットC90(2016夏コミ)


『風を探してⅤ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2016年5月8日、第十三回博麗神社例大祭



☆新刊
『白狼自警団 -月からの侵食編-』・・・
作者:カーライル(本文・表紙・写真)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
原作の「東方紺綬伝」本編の裏側で、月で起こっている純狐と月の民との戦争の最中、月の民の首脳部は純狐との戦争の戦局次第では緊急避難場所として、穢れた地上の幻想郷を浄化し、穢れなき月の民の楽園を新たに築こうと画策していた。
そこで、先遣の調査部隊として派遣されてきた清蘭と鈴瑚以下少数の玉兎は、現在半年以上の調査に従事し、いつでも地上を浄化できる準備を整えていたが、月の首脳部からのGOサインもなく増援部隊もなく、終わらない調査活動に士気が低下していた。
更に、地上に長い間留まったせいで、穢れも溜まって来ており、下手をすると穢れを嫌う月に見捨てられて帰れない可能性もあった。
また、穢れがなければ、敵である地上の妖怪に見つかることはないが、長期間の滞在による穢れの蓄積で、偶発的に調査していた妖怪の山で白狼天狗に見つかってしまい、偶発的な戦闘になり、それでもなお本国からは指示も支援もなく、清蘭と鈴瑚達は、地上の妖怪との厳しい戦いを強いられることになり・・・



□既刊
『天狗地霊泉』
作者:カーライル(本文・写真)、hide448(表紙編集)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
発行:2016年秋季例大祭 (2016年10月16日)
あらすじ:
風神異変から約1年。それまで排他的だった妖怪の山も守矢神社と新しい神様の出現よる混乱も収まり、守矢神社と天狗と河童を中心とした妖怪の山社会が馴染み始めた時、突如として幻想郷中に間欠泉が噴出す。妖怪の山は、他と比べても間欠泉の数が多く、異変の前触れと警戒が強まった。
それと時を同じくして、妖怪にとって天敵の怨霊の数が増え、妖怪の山の緊張は高まる一方であった・・・
原作『東方地霊殿』で語られなかった天狗たちの地霊異変がここに始まる。

『白狼アマノジャク』
作者:カーライル(本文・表紙・写真)
発行:コミックマーケットC89 (2015年12月29日)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
原作の「弾幕アマノジャク」の六日目にて、妖怪の山に逃げてきた鬼神正邪と、山への侵入を阻止し正邪を捕らえようとする犬走椛とのバトルストーリー。

秘封短編小説「秘封兎鳥船」
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
発行:例大祭12 (2015年5月10日)
装丁:A5コピー誌/32P
価格:200円
あらすじ:
 マエリベリー・ハーンは、地球環境改善の為の生物実験が行われていたが制御不能になり放棄された「トリフネ」に夢を通じて、冒険に出かけていた。そこには、本来の実験内容からは程遠い、人工環境の暴走から生み出された生い茂るジャングルがあり、見た事のない生物がいる未知の生態系が形成されていた。
 一方、人類からは隠れて存在している月の民達も、「トリフネ」を観測していた。彼らは、地球上のあらゆるものは穢れていると考えており、生物実験の行われていた「トリフネ」などは穢れの塊であった。観測結果から「トリフネ」の穢れは看過できない物のレベルになっており、月に近いラグランジュポイントに留まっている「トリフネ」への対応を迫られていた。
 メリーが、蓮子を誘って「トリフネ」へ冒険に出かけようとしていた同じ時、月から月の民の軍隊からなる調査隊が「トリフネ」へと到着しようとしていた。



いつもと同じような感じで、イラスト本と小説本が並ぶのでよろしくお願いします!

では、会場でお会いできるのを楽しみに待っています。



執筆者:カーライル

2016年秋季例大祭での活動

お待たせしました!!
2016年秋季例大祭に関する告知です!

サークル「虹色くりえいた~ず」
場所:せ-36b
カットは犬走椛です。
イラスト島のお誕生日席に配置されたようです!
感謝!!

最終更新10.14(金)の午前0時現在

絵師班
秋季例大祭合わせの新刊はありません

□既刊
『風を探してⅥ。』 C90 発刊

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2016年8月13日、コミックマーケット90
備考:hide448の人気イラスト本シリーズ「風を探して。」の第六作目。今回も、犬走椛の絵多めで、いろいろな東方キャラのファンタジーなフルカラーイラスト本です!


『風を探してⅤ。』 例大祭13 発行

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2016年5月8日、第十三回博麗神社例大祭


『風を探してⅣ。』 C89 発行

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2015年12月30日、コミックマーケット89



小説班
・カーライル
☆新刊
『天狗地霊泉』
作者:カーライル(本文・写真)、hide448(表紙編集)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
風神異変から約1年。それまで排他的だった妖怪の山も守矢神社と新しい神様の出現よる混乱も収まり、守矢神社と天狗と河童を中心とした妖怪の山社会が馴染み始めた時、突如として幻想郷中に間欠泉が噴出す。妖怪の山は、他と比べても間欠泉の数が多く、異変の前触れと警戒が強まった。
それと時を同じくして、妖怪にとって天敵の怨霊の数が増え、妖怪の山の緊張は高まる一方であった・・・
原作『東方地霊殿』で語られなかった天狗たちの地霊異変がここに始まる。

□既刊
『白狼アマノジャク』
作者:カーライル(本文・表紙・写真)
発行:コミックマーケットC89 (2015年12月29日)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
原作の「弾幕アマノジャク」の六日目にて、妖怪の山に逃げてきた鬼神正邪と、山への侵入を阻止し正邪を捕らえようとする犬走椛とのバトルストーリー。

今回の新刊は、私の小説コピー本だけですが、いつも本が売り切れる相方hide448も各種機関を揃えていますので、ぜひ秋季例大祭に来たときは、遊びに着てね!



執筆者:カーライル

C90 二日目(水)東方 告知 メインキャラは犬走椛

お待たせしました!!
「虹色くりえいた~ず」のコミックマーケット90に関する告知です!

場所:二日目o-29b
ジャンルは8月13日土曜日の東方projectで、カットは犬走椛です。
東方の犬走椛島での参加となります。

なお本記事の情報は随時更新します。
最終更新8.12(金)の22時現在


以下お品書き
絵師班
☆新刊
『風を探してⅥ。』


作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
備考:hide448の人気イラスト本シリーズ「風を探して。」の第六作目。今回も、犬走椛の絵多めで、いろいろな東方キャラのファンタジーなフルカラーイラスト本です!今回もⅤと同じくらい搬入するので、早期の売り切れはないと思います。


□既刊
『風を探してⅤ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2016年5月8日、第十三回博麗神社例大祭


『風を探してⅣ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2015年12月30日、コミックマーケット89



小説班
・カーライル
☆新刊
新刊はありません・・・

□既刊
『白狼アマノジャク』
作者:カーライル(本文・表紙・写真)
発行:コミックマーケットC89 (2015年12月29日)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
原作の「弾幕アマノジャク」の六日目にて、妖怪の山に逃げてきた鬼神正邪と、山への侵入を阻止し正邪を捕らえようとする犬走椛とのバトルストーリー。

秘封短編小説「秘封兎鳥船」
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
発行:例大祭12 (2015年5月10日)
装丁:A5コピー誌/32P
価格:200円
あらすじ:
 マエリベリー・ハーンは、地球環境改善の為の生物実験が行われていたが制御不能になり放棄された「トリフネ」に夢を通じて、冒険に出かけていた。そこには、本来の実験内容からは程遠い、人工環境の暴走から生み出された生い茂るジャングルがあり、見た事のない生物がいる未知の生態系が形成されていた。
 一方、人類からは隠れて存在している月の民達も、「トリフネ」を観測していた。彼らは、地球上のあらゆるものは穢れていると考えており、生物実験の行われていた「トリフネ」などは穢れの塊であった。観測結果から「トリフネ」の穢れは看過できない物のレベルになっており、月に近いラグランジュポイントに留まっている「トリフネ」への対応を迫られていた。
 メリーが、蓮子を誘って「トリフネ」へ冒険に出かけようとしていた同じ時、月から月の民の軍隊からなる調査隊が「トリフネ」へと到着しようとしていた。



いつもと同じような感じで、イラスト本と小説本が並ぶのでよろしくお願いします!

では、会場でお会いできるのを楽しみに待っています。



執筆者:カーライル

第十三回博麗神社例大祭

お待たせしました!!
「虹色くりえいた~ず」の第十三回博麗神社例大祭に関する告知です!

場所:う-21b
カットは犬走椛です。
なお本記事の情報は随時更新します。
最終更新5.8(日)の6時現在

以下お品書き
絵師班
☆新刊
『風を探してⅤ。』


作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
備考:今までのシリーズ通り、犬走椛の絵多めで、いろいろな東方キャラのファンタジーなフルカラーイラスト本です!毎回売り切れているので、増刷して持って行きます!


□既刊
『風を探してⅣ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2015年12月30日、コミックマーケット89


『風を探してⅢ。』

作者:hide448
価格:500円
装丁:B5フルカラーオンデマンド本
発刊日:2015年8月14日、コミックマーケット88


小説班
・カーライル
☆新刊
小説の新刊は落ちました。ゴメンナサイ><
コピー誌新刊『白狼自警談-月からの侵略ー』
作者:カーライル(本文)
価格:200円
装丁:A5コピー誌
あらすじ:
 ある日犬走椛は、守矢神社の巫女東風谷早苗からこの妖怪の山で、不穏な影を見たという話を聞く。しかし、そのような報告は自警団にはなく、上司に相談しても取り合ってもらえなかった。
 一途の不安を捨て切れなかった椛は、スクープの臭いを感じ取って来た射命丸文と共に、この影を追って関係してそうな人物に聞き込みをする。そして、ある日の夜、二人は妖怪の山の山頂付近で、ウサギを見たのであった。



□既刊
『白狼アマノジャク』
作者:カーライル(本文・表紙・写真)
発行:コミックマーケットC89 (2015年12月29日)
装丁:A5コピー誌
価格:200円
あらすじ:
原作の「弾幕アマノジャク」の六日目にて、妖怪の山に逃げてきた鬼神正邪と、山への侵入を阻止し正邪を捕らえようとする犬走椛とのバトルストーリー。


秘封短編小説「秘封兎鳥船」
作者:カーライル(本文)
   hide448(表紙絵)
発行:例大祭12 (2015年5月10日)
装丁:A5コピー誌/32P
価格:200円
あらすじ:
 マエリベリー・ハーンは、地球環境改善の為の生物実験が行われていたが制御不能になり放棄された「トリフネ」に夢を通じて、冒険に出かけていた。そこには、本来の実験内容からは程遠い、人工環境の暴走から生み出された生い茂るジャングルがあり、見た事のない生物がいる未知の生態系が形成されていた。
 一方、人類からは隠れて存在している月の民達も、「トリフネ」を観測していた。彼らは、地球上のあらゆるものは穢れていると考えており、生物実験の行われていた「トリフネ」などは穢れの塊であった。観測結果から「トリフネ」の穢れは看過できない物のレベルになっており、月に近いラグランジュポイントに留まっている「トリフネ」への対応を迫られていた。
 メリーが、蓮子を誘って「トリフネ」へ冒険に出かけようとしていた同じ時、月から月の民の軍隊からなる調査隊が「トリフネ」へと到着しようとしていた。



いつもと同じような感じで、イラスト本と小説本が並ぶのでよろしくお願いします!

では、会場でお会いできるのを楽しみに待っています。



執筆者:カーライル
プロフィール

虹色くりえいた~ず

Author:虹色くりえいた~ず
虹色くりえいた~ずMEMBER
*ILLUST SIDE
・hide448

・風神うちわ

・HANABi(旧名:お茶)

*NOVEL SIDE
・カーライル

・yoshi(旧名:ゼロシフ)

・へろりん


サークルやサークルメンバー個人へのご連絡・ご感想はこちらへ
niziirocreatorsアットマークgmail.com
アットマークを@と入れ替えてください

Twitter
FC2カウンター
フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事